肌の老化の原因

私たち人間は、生きていくために「水分」が必要ということは多くの人がご存知でしょう。
しかし、加齢によって体の水分量は少しずつ減少していきます。
生まれたばかりの赤ちゃんの体内の約75%は水分だと言われているのに対し、シニア世代になると約50%にまで減少してしまうそうです。
体の中の水分が奪われることで、体のハリや潤いが無くなってしまうのです。よって、たるみやシワがでてきてしまいます。

肌が老化する原因には様々ですが、「酸化」「ホルモンの減少」「メンタル」が大きな原因だと言われています。
酸化というのは、簡単に言うと「サビ」のことです。サビは金属が腐食したときに生成されるもので、金属の塩分により酸化が進行してできます。
金属と同じように・・・とはなりませんが、人の体も少しずつ酸化することで衰えていくのです。よって、シミやシワ、たるみなどを引き起こします。
また、年を重ねると「成長ホルモン」や「甲状腺ホルモン」などのホルモン分泌が少なくなってしまいます。
これらは若さを保つために必要なホルモンとされており、これらが減少することで、老化が進みます。
その他にも、「もう私はおばさんだから・・・」とか、「楽しいことが何も無い」など悲しい感情や憂鬱な感情によって、老化が加速することもあります。
よって、アンチエイジングをするためには、美容効果のある化粧品を使用したり、エステサロンに通ったり、運動をしたりというように「何か特別な行動」を取ることも大切ですが、精神的にも安定をする必要があります。
心の内側から「若返りたい」と願うことが大切なのです。

PAGE TOP